例えば、あなたが「綾瀬はるかさん」と友達だったとして(笑・妄想)あなたは何て呼びますか?

「綾瀬さん」
「綾瀬ちゃん」
「綾瀬」
「はるかちゃん」
「はるかさん」
「はるか」
「はるちゃん」
「お前」・・・

呼び方は色々あります。カップルになったら「はるか」と呼び捨てにすると思いますが、最初は何て呼んだら良いのか迷いますよね?

「綾瀬さん」「綾瀬ちゃん」

苗字で呼ぶ場合でも「綾瀬さん」ではなく「綾瀬」や「綾瀬ちゃん」の方が仲良くなれるでしょう。「綾瀬さん」はかなり堅苦しいです。恥ずかしいかもしれませんが、「綾瀬さん」はNGです。

ただし、この「綾瀬はるかさん」が職場の先輩・同輩・同僚だった場合は「綾瀬さん」と呼んでおく方が無難です。

「はるかさん」

一番無難な呼び方です。この「綾瀬はるかさん」からあなたがどう見られているのか分からない場合は「はるかさん」と呼んでおけばとりあえず安全でしょう。

苗字で呼ぶのではなく、下の名前で呼んだほうが、早く打ち解けられます。「綾瀬はるかさん」が年上なら、「はるかさん」と下の名前にさんづけで呼べば、そんなに失礼な感じにはならず、堅苦しくありません。

ただ、最初は「はるかさん」と呼んだとしても、デートをしてある程度距離が縮まったタイミングでは「はるか」と呼ぶぐらいになった方が良いです。早い段階で「はるかさん」から「はるか」に呼び方をシフトした方が良いでしょう。

これは「綾瀬はるかさん」が年上だろうが、先輩だろうが同じです。会社などでは敬語を使った方が良いですが、プライベートでは男と女の関係です。男が立ち位置を上に持っていくには呼び捨てに早い段階でなるべきです。

「はるかちゃん」

はるかちゃんって、おじさんが若い子に対してするイメージが強いんです。恋人同士になっても「はるかちゃん」って呼んでる人は少ないのではないでしょうか。

「綾瀬」「はるか」

一番距離を近づけられるのがこの呼び方です。初対面だと馴れ馴れし過ぎないかと思うかもしれませんが、男性経験が豊富で遊び慣れた「綾瀬はるかさん」だったらこう呼んだ方が良い場合もあります。

もし、合コンやナンパなど出会いの場で「綾瀬はるかさん」と出会ってフルネームを教えてもらった場合は「綾瀬さん」などと苗字ではなく、「はるかさん」と名前で呼びましょう。その方が早く距離が縮まります。「綾瀬」と苗字しか教えてくれない場合は出会いの場に慣れていない場合や真面目な性格の可能性があります。なので苗字でも構いませんが、早い段階で名前を聞き出し、名前で呼びましょう。

ただいきなり「はるか」と呼ぶとちょっとずうずうしく、がっついてる感じも出てしまいます。
遊び慣れていたり、パリピな「綾瀬はるかさん」とクラブなどで出会った場合や、ギャル、Мっぽい「綾瀬はるかさん」などだったら呼び捨てにしても嫌がらない可能性は大きいです。

呼び捨てにする方が早く距離が縮められますし、立ち位置を上にしやすいのです。ただ、あなたが格下だと思われていたり、舐められてそうだったら「はるかちゃん」と呼んでおく方が無難です。格下の人だと思われている状態で呼び捨てにすると気分を害されることもあります。だから格下だと思われないように見た目を改善したりして女受けする雰囲気は作っておく方が良いですし、ある程度喋りができた方が良いです。見た目がダサかったり、オドオドしてるとキモいと思われ、格下だと思われがちです。

「お前」

じゃあ「お前」と呼ぶのはどうなのでしょうか?「お前」と呼んで女からモテている男も大勢いますが、「お前」は使いにくいため、恋愛初心者にはお勧めしません。

「綾瀬はるかさん」は「お前」と呼ばれるのに不快感を持つ可能性は高いのでリスクが高いからです。「お前」だけでなく「自分」「君」「あなた」なども当たり前ですが使わないようにしましょう。不快感しか与えません。

距離を縮めたければ、えらそうに「お前」と呼んだり、丁寧過ぎる苗字にさん付けなどの呼び方は控えるようにしましょう。名前で呼ぶのが恥ずかしかくて、苗字で呼ぶ場合でも「綾瀬さん」ではなく、「綾瀬ちゃん」や「綾瀬」にしてください。「綾瀬さん」はかなり堅苦しいです。

名前を聞き出しにくかったら・・・