女は独占欲が強く嫉妬深い

女って好きな男の事は独占し、他の女を寄せ付けず、
支配したいと思っていますし、女同士比較しています。

そして、都合のいいことに、「自分に自信がある」。
つまり、「可愛い」とか「綺麗」とか言われ慣れてる
女程、強い傾向があるのです。

この女の独占欲、嫉妬心は口説く時に利用できます。

199

ホストは嫉妬心を煽る

ちなみにホストはこの手をよく使ってます。

「あのお客さんボトル入れてくれたから、
あっちの席から離れられないんだよ~」
みたいなトークをして嫉妬心を煽ります。

これもわかっていながら負けたくないので、
女はそれよりも高いボトルを入れたりします。
嫉妬からくる競争意識ですね。

職業上、ホストというのは、
いろいろな女の子と親しくするもの。

つまり、女は、自分が客で親しく相手をしてもらった
としても自分だけでなく他の女とも仲良くするのが、
前提だと知っていますよね。

「ああああ!くそお!彼を他の子に取られたくない!」
「自分が独占したい!」
「それが無理でも、自分を一番に、と思ってもらいたい」
という独占欲で引き込まれていってしまうのです。

女は常に嫉妬

女って普段「私なんて」なんて言ってても、
心の底では「あの子には勝ってる!」とか
「あの子とはいい勝負!」・・なんて、
ライバルの品定めは常にしていて、
プライドがメラメラと燃えたりしているのです。

そうなると、
「あたし、本当にこの人が好きなんだろうか?」
なんて気持ちより、
「とにかく、女として、あの子には負けたくない!」
という気持ちが勝ってしまうのです。

女は燃えさせろ

女は最初から「好きです」なんて言われても、
そんなに燃えないものなのです。

それより、
「あの人は、あたしのこと好きなのかしら、
それとも○○ちゃんの方が好きなのかしら、
なんだか△△ちゃんとも親しそうだし。
きぃぃぃ、あたしの方を向かせたい!」
というシチュエーションの方が燃えるのです。

つまり、あなたとしては、女のこの心理を利用すればいいだけです。

女の嫉妬心をかきたてる

この女の嫉妬心をかき立てる簡単な方法は
他の女を褒めることです。

それもその女が知っている女を褒めるのです。
共通の知り合いなので会話がリアルになります。
あくまでもその女を普通に褒めてください。
髪の毛が綺麗、足が細い、センスがいい、まあ何でもいいです。

褒めているうちに相手の女はイライラしてきます。
その褒められている女をけなしはじめるかもしれません。
そうなれば確実に嫉妬が始まってますので、
どうにかしてあなたの意識を自分のほうに向けようと考えます。

例えば食事では

女の子二人と三人で食事する場合など、
狙っている子じゃないほうに
興味があるようなそぶりを見せる等の作戦が
効果的です。

ただし、やりすぎると「じゃあ、あっち行けば」となりますので、
適度な嫉妬心をあおる事を念頭にしましょう。

 

 

この記事も読まれています