【PR】女に気づかれないよう自然に恋愛話に誘導したい時の会話実例

satoru_m01 次のステップに行くために必要不可欠

女を口説く上でボディタッチは「友達認定」「いい人」から近づくためには重要です。そして、このスキンシップは取っ掛かりさえ出来ちゃえばあとはどんどんエスカレートさせて行けば良いだけです。

しかし、ここがうまく出来なくて躓いている方も多いです。どういうタイミングで接触すればいいのでしょうか?

129

dog_m01  男として意識させる

口説きはいかに早い段階で恋愛モードに入れるかが勝負になりますし、デートをしても女へのタッチが無いと興味がないとみなされます。楽しく会話が出来ても男として意識させることが出来なければその先はありません。いわゆる友達どまりとなってしまいます。

ただし、女が心を開いていないのに強引にスキンシップしようとしたら、セクハラと取られて一気に嫌われてしまう可能性がありますので注意してください。

dog_m01  いやらしくないボディタッチの方法

ボディタッチはいやらしい感じになってしまうとドン引きされますが、上手く行うとそのままホテルまでいけちゃう重要なテクニックなんです。 距離が縮まって次のステップに進めるかはここが分かれ道になります。 では、どうすれば、いやらしくない感じさせないボディタッチが出来るのか?

dog_m01  手へのタッチ

手へのタッチ 一番手軽に出来ます。 「手ちっちゃいね~。ちょっとあわせて見ようよ」 というタッチの仕方が一番簡単です。

⇒ なんとか手をつなぎたいのですが、なんかいい方法ないでしょうか?

dog_m01  頭・髪の毛へのタッチ

これも結構簡単で、「シャンプー何使ったらこんな髪サラサラになるの?」「髪の毛きれいだよね」と言いながら髪を触ったり、「いい子いい子」でタッチします。

satoru_m02 女性との関係が進展しない

こんな時はデートに小さなスキンシップを取り入れます。言葉を使わないコミュニケーションでも感情のやり取りをする事はいくらでも出来ます。とにかく相手の気持ちを知りたければ相手の体に聞くのが一番です。⇒ 相手の身体に聞く方法

この記事も読まれています