あなたならどう返答しますか?

あなたが白いシャネルのような時計をしている場合、

女性からの質問にあなたはどう答えますか?

062

切り返し一つで、女性は、さらなる魅力を感じます。

強烈なユニークで会話を膨らませていきましょう。

時計でもともと持っているハイステータスを謙虚&ユニークで増大させる事が

コツになります。

「高そう!」

「時計好きなんですか?」

「付けさせてくださいよー」

「わたしにも買ってください」

「派手好きなの?」

「白お好きなんですか?」

「高そう!」

あなたの、年収、ステータスまでを聞き出そうという腹で聞いてくる質問です。

だから、余裕を持って、焦らす。

決して、いばらない、常に、謙虚に、ユニークに。

ユニークのときは、「間」を大切に。

【模範解答】

「そうそう、100万・・・ペソ?」

「時計好きなんですか?」

軽いトーンの返しで、ドキっとさせてみましょう。

好きというキーワードが出てくるのは、非常によい傾向。

【模範解答】

「いや、女の方が好き」

この回答、重くなると、キモくなるので、あくまで軽く、ジョークで。

「付けさせてくださいよー」

ついでに、ボディタッチもしていこうと狙った女性からの会話なので、

さらに焦らして、本気で、つけたくさせる。

もちろん、つけるときは、あなた自身がつけてあげよう。

【模範解答】

「・・・(女性の手首を見ながら)太いから、サイズ合うかなー。」

「わたしにも買ってください」

女性からすると、半分ジョーク、半分本気。

興味あるあなたに対して、器の大きさを探っている言葉。

ユニークで、キッパリと断る方がより器量は大きく感じるものなんです。

こうする事で、「いつか買わせたい」という感情が大きくなるんです。

断り上手はモテ上手。

実際に、買ってあげてもいいが、それは寝てからにしましょう。

【模範解答】

「よし、40才になったら、買ってやる」

「派手好きなの?」

この会話を切り口に、相手の趣向を聞いてあげよう。

会話の基本は、どう膨らませるかです。

【模範解答】

「派手いいよね、女も時計も、派手が一番ですよ」

「白お好きなんですか?」

【模範解答】

あなた 「うん、白いごはんとか大好き」

この記事も読まれています