しらじらしいほめ方は逆効果

056

ただ単に褒めるだけでは「イイ女」には効きません。

「ほめられていやな気がする女なんていないんだから、

とにかくなんでもほめときゃいいんだよ」と、

見えすいたしらじらしいほめ方はNGです。

これに引っかかる女性は、相当レベルが低い女性です。

たいていの女性には、見破られて、

「女をバカにするんじゃないわよ」となってしまいます。

イイ女は褒められ慣れている

「イイ女」は、いつも男から口説かれていて、

いつも褒められていて、いつも何かと優遇されています。

こういった男慣れしているイイ女に

「キレイですね」とか言っても、何も響かないのです。

媚びると対象外となる

こんな事が見透かされてしまいます。

褒める事によって女性の関心を惹きたいのがミエミエだから

褒める事によって、女性の立場を 更に上げしまうから

あなたは常に群れの強いボスであり、気高い男でなければならないのに、

彼女を褒めた瞬間、あなたの価値と尊厳が失われるのです。

最悪、「媚びて、SEXしようとしているキモ男」と思われてしまいます。

遺伝子レベルで「ステータスの高い男とSEXしろ」とプログラムされている女性は、

「媚びる男」を交尾の対象外とします。

あなたが媚びるのではないですよ、女性側に媚びさせるのです。

この発想を常に持って下さい。

じゃあ、褒めるという分野に関してどうすれば女性側に媚びさせる事ができるのか?

正しい褒め方

女性を褒める時は、「褒める事によって関心を惹こう」ではなく、

「まあ仕方ないから多少ちょっと褒めてやろうか」のスタンスを

忘れないようにして下さい。

例えばこんな感じです。

けなしてから、褒める

「お前、頭悪いけど可愛いやつだな」

褒めてるのか褒めていないのかわからないような褒め方

「佐々木希を崩したような感じだね」

娘や動物を可愛がるように褒める

「可愛いやつだな」と言ってヨシヨシする。

これは相手の女性に価値を与えた事にもならないし、

相手の関心を惹きたいが為に褒めているようにも見えません。

上から褒めるから、相手の立場を上げる事にもなりません。

「まあ仕方ないから多少ちょっと褒めてやろうか」のスタンスを忘れないように。

 

城咲仁のモテる男養成講座「今からモテにいくぞ!」

http://renai-satoru.info/ranking

この記事も読まれています