あなたが「デートの費用は男が払うべきか、割り勘か」なんてことにこだわって、デート代を持ちたくないのなら、デートをするなと言いたい。

さっさとスマートに払ってしまいましょう。

161

女性が惚れる、スマートなお会計

基本的にデートコースを選べば、一度のデートでどれだけかかっても1万円もかからずデートは出来ます。

奢ってもらって喜ぶ女は多いが、割り勘にされて喜ぶ女は少ないです。

今後、女との関係を作っていく上で主導権を握っていくためにも、特に最初のデートは出すべきです。決してお金を出した方が偉いというわけではないのですが、一回目のデートで1万円をケチってしまったばかりに女性からケチな男という印象で見られてしまいます。

基本的に一度目のデートというのは、あなたの方から誘っているので、あなたが多く支払うのは当たり前です。

女性だ出すといってきたら

女性から、

「それじゃあ悪いわ」

「悪いので私も出します」

と言われても、

「じゃ、次のお店ご馳走になるよ」

「今回はいいよ、また次にでもお願い」

と、軽く流すようにしましょう。

「どうしても出したい」と言われた場合

この場合は、3割~4割分くらい出してもらっても良いでしょう。

決して、1円単位で割り勘なんてしたらダメですよ。

 

ちなみに私は過去に初デートで女が財布を出そうとした時にあえて

「これから俺の前で二度と財布を出すな」

と怒ってやった事があります。

一撃でしたね。その後お持ち帰りでした。

この記事も読まれています