「会話」の記事一覧(2 / 2ページ目)

具体的に褒める

会話

褒めるときは具体的に 女性は抽象的表現+具体的表現で初めて実感します。 外見を褒める時には 「超カワイイよね」 だけではなく 「顔小さくてカワイイよね。」 「目が大きくてカワイイよね。」 「唇がセクシーでカワイイよね。」・・・

間接的に褒める

会話

真実味が増す 人は誰でも、直接的に聞いた話よりも、他の人から聞いた話の方が 真実だと考えます。 あなたもそうではないですか? 褒める場合は間接的に 自分の好みの女性に直接「タイプ」というのも、悪くはありませんが もう少し・・・

逆を褒める

会話

「君って本当は○○だよね」が効く 普段、ロリっぽい子には、 「君ってオトナっぽいところがあるよね」 スポーツ系のボーイッシュな子には 「本当は、おとなしいんでしょ」 女らしい、おとなしい子には 「結構、男っぽくてさばさば・・・

女性が褒められて嬉しいところ

会話

女性が密かに褒めてほしいところは? 外見だけを見て 「かわいいね」 「ファッションのセンスがあるね」 などというだけでは、ただ機嫌を取っているだけと思われて終了です。 女性には、 「密かにここを見てほしい」 「ここを褒め・・・

上から褒める

会話

しらじらしいほめ方は逆効果 ただ単に褒めるだけでは「イイ女」には効きません。 「ほめられていやな気がする女なんていないんだから、 とにかくなんでもほめときゃいいんだよ」と、 見えすいたしらじらしいほめ方はNGです。 これ・・・

すぐ褒める

会話

「良い!」感じた瞬間に褒める 女性に対しては、素直が一番。 ちょっとひねったほめ方や褒めどころのポイントを 外すなどというのは女性に対しては要りません。 ここをほめてもらいたいのだな、と思ったら、 素直に普通にほめればい・・・

なぜ「褒める」が効くのか

会話

女性は疎外感を強く感じています。 女性は常に周りの評価を気にしながら生活しています。 「何かに属して安心したい」 「一人ではないという安心感が欲しい」 と常に考えています。 女性は男性以上に一人だと疎外感を強く感じるんで・・・

ページの先頭へ